VIOの医療脱毛講座

VIOの医療脱毛にかかる脱毛期間はどれくらい?

VIOの医療脱毛にかかる脱毛期間はどれくらい? 医療脱毛では、毛周期に合わせて脱毛をすることをお薦めしています。
レーザーを照射すると、すぐに抜ける毛と、抜けずに伸び続ける毛があります。
このすぐ抜ける毛というのは、成長期に入っている毛で、レーザーを照射して効果のある毛は、この成長期にある毛になります。
そして、成長期の毛は、全体の20%程度しかないのです。
そのため、1回の施術で脱毛処理できるのは、この20%の毛だけということになります。
そう考え、単純計算すると5回通えば100%になります。
そして、推奨されている通院間隔は2カ月に1度ということになりますので、脱毛部位が綺麗になるのは、10カ月かかる計算になります。
ここで、VIOの毛周期寿命は、1年から2年と言われています。
そして、毛周期自体は、1カ月半から2カ月と言われていますので、VIOの医療脱毛には、最低でも3回、最長でも7回を2カ月ごとに通っていただくことになります。
平均すると5回ということになります。
なお、施術期間中ですが、毛抜きをすると毛周期が狂ってしまうので注意が必要です。
また医療脱毛で使用するレーザーは、黒いメラニン色素に反応して脱毛しますので、日焼けをするとレーザーが肌に反応して火傷をする場合がありますので、注意が必要です。
なおVIOの毛は、思春期において毛周期が長くなっている場合があり、脱毛が完了するまでに予定の7回以上、1年以上かかってしまうこともあります。

襟足の医療脱毛にかかる脱毛期間はどれくらい?

襟足の医療脱毛にかかる脱毛期間はどれくらい? 医療脱毛では、安全面を考えて頭や粘膜のある部分、眼球の上の治療は受けることができません。
しかし、髪の毛であってももみあげや額、襟足であれば受けることができます。
襟足は、女性の中でも人気部位であり、髪の毛でありながらも薄い髪の毛は産毛となってムダ毛に見えてしまうことになります。
髪の毛をアップにまとめた時に美しい後姿にするためにも、医療脱毛で手入れを受けている女性が多くいます。
襟足には、髪の毛と同じような太くて濃い毛とともに産毛も交じっていることになります。
太く根深い毛になると、しっかりと生えていることから脱毛完了までは長期化してしまいがちです。
その一方で、産毛になると黒い色に反応するレーザーの光が反応しにくくなることから長くかかることもあります。
それでも、脱毛サロンの光脱毛では二年から三年ほどかかるところ、医療脱毛であればその半分程度の期間で終了させることができ、さらに永久脱毛まで可能となります。