VIOの医療脱毛講座

医療脱毛は肌に痛みやダメージは感じない?

医療脱毛は肌に痛みやダメージは感じない? 医療脱毛はエステよりも高い脱毛効果で短期間でツルツルの肌が手に入るというメリットから人気がありますが、デメリットはまったく存在しないのでしょうか。
医療脱毛のデメリットを挙げるとすれば、それは施術時の肌へのダメージです。
どのような脱毛方法であれ施術中は少なからず痛みが生じるものですが、医療脱毛は効果が高い分エステ脱毛よりも痛みは強く出やすいと言われています。
医療脱毛はレーザーをムダ毛に照射し、毛根にある毛母細胞という発毛を司る細胞を破壊することによって高い脱毛効果を発揮します。
レーザーはムダ毛の黒い色素に反応して熱を発生させ、この熱が毛母細胞にダメージを与えて発毛機能を停止させます。
熱が発生する際には肌にチクッとするような刺激を与えますので、一瞬ですが痛みを感じることになります。
ムダ毛が多ければ多いほど熱ダメージが伝わりやすいため、もともと毛量が多い人やムダ毛が太くてゴワゴワとした部位などは特に痛みが出やすいですので、あらかじめ心に留めておきましょう。

医療脱毛中に傷のある部分は避けられる?

医療脱毛中に傷のある部分は避けられる? 医療脱毛にはさまざまなマシンの種類があり、肌の色や毛の質に合わせて選択をして施術を受けることができます。
しかし、部位によっては受けることができないケースもあります。
肌にダメージを受けている部分にレーザーを照射するということは、火傷などのトラブルが発生してしまうことになります。
そのために、施術前には毎回スタッフによって肌の状態のチェックが行われることになります。
全体的に小麦色の肌をしているのであれば、肌の色に合わせたマシンが選択されることになりますが、日焼けのすぐ後であれば受けることはできません。
また、肌の上に黒いものがあれば、光が反応してしまうために避けられてしまったり、小さなほくろであれば上から白いシールを貼って保護してから施術が行われることになります。
傷跡の場合にも、その上にレーザーを照射することができないので避けられてしまいますが、傷が完治して色素沈着も落ち着いた頃であれば、医療脱毛を受けることができます。