脱毛に医療費控除は適用される?

脱毛に医療費控除は適用される?

脱毛に医療費控除は適用される? 健康保険の適用対象外である医療脱毛は全額自己負担になるので高額になります。保険の対象外であっても医療費控除は受けられるものがあるため利用できれば費用の負担を少しでも減らせますが、こちらも対象となるのは治療目的のものだけです。医療脱毛の場合は美容がメインの目的となっており、治療としては扱われないので適用できません。これは医療脱毛の利用先が皮膚科でも美容外科であっても違いはないため、基本的に通常よりも安くなることはないと考えると良いでしょう。
医療脱毛は高額ですが、サロンの脱毛と比べると確実性が高く、効果も継続すると分かっている施術を受けられるので十分なメリットがあります。負担が大きくてそのままでは支払いが困難であれば医療ローンの利用を検討しましょう。審査に通らなければならず、費用が安くなるわけではありませんが、金利が低いのでクレジットカードの分割払いやカードローンを使って支払うよりも利息を少なくできます。

医療脱毛に保険は適用されるのか?

医療脱毛に保険は適用されるのか? 医療脱毛は基本的には健康保険の適用対象外と考えた方が良いでしょう。医療機関で行われるものであっても治療の必要がない美容目的であるとして扱われるためであり、毛深くて困っていても対象にはなりません。
ただし、稀に病気が原因で多毛症になっている場合に医療脱毛で健康保険が適用されることがあります。ホルモンバランスや内臓疾患、薬の服用による影響であり、その治療で医療脱毛が行われた場合が該当しますが、これは医療機関の判断に委ねられるので必ず適用できるとは言えません。単に毛深いだけでは対象になる多毛症であるかどうかも自分では判断できないので、あまり期待せずに全額自己負担になると考えて費用を用意しておいた方が良いでしょう。
なお、多毛症の原因が副腎や卵巣、下垂体などの臓器の異常にある場合には医療脱毛だけでなくこれらの臓器に対する治療も必要になるので治療費の負担が発生しますが、これに関しては病気なので健康保険が適用されます。